WORKSHOP

8F 丸ビルコンファレンススクエア
 8F Marubiru Conference Square


<12/20水 Dec.20 wed>



13:00-14:00(60min)12/20水 Dec.20 wed
欧州決済サービス指令(PDS2)のインパクト~アジアでオープンバンキング規制のひな形に 
The Impact of PSD2 as Asia's De Facto Open Banking Template    

オープンバンキングがアジアで広がってきた。アジア各国の規制当局がルール構築の参考としているのは、欧州連合(EU)の決済サービス指令(PSD2)だ。消費者を保護しつつ、新しいビジネスモデルを促す環境づくりがカギを握る。マネーツリーはそのような新しいビジネスモデルの一つ。安全性、プライバシー、透明性に基づくビジネスによって消費者、銀行、規制当局との信頼関係を築く方法をチャップマンCEOが語る。

Open banking is sweeping across Asia. In markets around the region, regulators are taking cues from the European Union’s Payment Services Directive (PSD) as they develop their own Open Banking frameworks. Critical to the success of these frameworks is an environment that encourages new business models while protecting consumers. Moneytree is one such new business model, and our talk will address how a business built on security, privacy, and transparency fostered trust-based relationships with consumers, banks, and regulators.    

ポール・チャップマン / Paul CHAPMAN    
マネーツリーCEO・創業者 
CEO & Founder, Money Tree


15:00-16:00 (60min) 12/20水 Dec.20 wed
規制サンドボックスでフィンテック最前線を目指せ
Significance of Regulatory Sandbox for FinTech Frontline    

規制を一時凍結するサンドボックスの重要性が金融機関の専門家や研究者によって強調されている。日本がフィンテックのフロントランナーとなるには、規制緩和と顧客保護の両立につながる実験が必要だ。消費者や中小企業の自由度を高めるさまざまなケースを紹介する。

Significance of Regulatory Sandbox is emphasized by experts in financial institutions and academy. To be a frontrunner in the FinTech world, we need experiments which lead the de-regulation with customer protection. We will introduce various cases to empower consumers and small and middle seized businesses.    

安念 宣子 / Noriko ANNEN    
ペイパル・ジャパン(ガバメントリレーション・ディレクター)
Government Relation Director, Legal Counsel, PayPal Japan


17:00-18:00(60min)
ブロックチェーン採用、最大の障害を乗り越える
Solving the biggest roadblock for Blockchain Adoption    

このセッションでは、伝統的企業にとってブロックチェーン導入に対する最大の障害は何かを明らかにし、一部の伝統的企業や金融機関がブロックチェーンをどのように取り入れているかを紹介する。2018年にブロックチェーンを導入するうえでのヒントとなるだろう。

This session will identify what is recognized as the largest roadblock to mass and traditional blockchain adoption and how are some traditional companies and financial institutions are approaching blockchain. It will provide potential solutions for blockchain in 2018.    

コインファーム 共同創業者・最高マーケティング責任者 /
Cofounder & CMO, Coinfirm



11:00-12:00(60min) 12/20水 Dec.20 wed
日経テレコンによるコンプライアンスチェック 
Compliance Check by Nikkei Telecom  
 

日経テレコンによるコンプライアンスチェックを解説します。多くの企業で実施しているのが新聞記事データベースを使った過去の報道チェックです。 新聞は公知情報として真実性にも長けており、各省庁および各業種団体の協会で記事検索の活用を推奨しています。海外のデータベースによる 「KYCチェック」についても解説します。    

山田 崇 / Takashi YAMADA    
日本経済新聞社デジタル事業BtoBユニット
Digital Business BtoB Unit, NIKKEI Inc.


12:30-13:30(60min)12/20水 Dec.20 wed
ブロックチェーンによる自己証明型身分証明
Decentralized Protocol for Self-Sovereign Identities  
 

このセッションではブロックチェーン技術とスマートコントラクトを検討する。ブロックチェーンはどのように人物、物体、接続機器の身元証明に役立つのか。そのプラットフォーム構築について話すとともに、人、企業、機器間の信頼できるつながりを必要とする新しいアプリケーションの開発についても述べる。

In this session, we will examine use of blockchain tech and smart contracts: How the blockchain can support identity verification of humans (KYC), objects (KYO) and connected devices (KYD)? We will talk about building a platform-as-a-service offering shared regulatory compliance services for humans, companies, objects, and devices, as well as enabling development of new apps that need trusted connections between human, corporate, and device identities  
 
ルーク・ジョンソン / Luke Johnson    
ブロックパスIDN 研究開発マネージャー
R&D Manager, Blockpass IDN


14:00-15:00( 60min) 12/20水 Dec.20 wed
APIファーストで広がるGovTech 〜経産省が進める法人番号と今後のGovTechエコシステム展開〜 
GovTech driven by APIs -How to create an ecosystem for GovTech with Corporate Number System by METI


法人版のマイナンバーである法人番号を利用したデータ連携により今後社会的な法人データインフラが形成されていくことが予想される。またAPIを活用することにより利便性の高いサービスが企業によって生み出され、法人番号エコシステムを拡大していくことが期待される。政府、大企業、ベンチャーそれぞれの立場からその可能性や展望について語る。

Corporate Number, which is an ID number for corporates, will form data infrastructure about corporate information in Japan. By utilizing APIs, businesses can create useful IT services and expand an ecosystem of corporate information. From each perspective of Government, Large Corporate, and Venture, speakers will discuss its possibilities and prospects.    

吉田 泰己 / Hiroki Yoshida    
経済産業省 商務情報政策局 情報プロジェクト室 室長補佐 
Deputy Director, IT project office, Commerce and Information Policy Bureau, METI

酒井 一樹 / Kazuki Sakai    
経済産業省 商務情報政策局 総務課 情報プロジェクト室 情報プロジェクト上級補佐官
Special advisor for IT project, IT project office, Commerce and Information Policy Bureau, METI

加藤 恭英 / Yasuhide Kato    
NTTコミュニケーションズ 経営企画部 ビジネスイノベーション推進室 担当課長
Senior Manager, Business Innovation Office, Corporate Planning, NTT Communications Corporation

紀野 惠 / Satoshi Kino    
ANNAI 株式会社 Co-Founder 兼 CEO
Co-Founder and CEO, ANNAI Inc.

太田垣 恭子 / Kyoko Ohtagaki    
ANNAI 株式会社 Co-Founder 兼 CCO
Co-Founder and CCO, ANNAI Inc.

桜井 駿 / Shun SAKURAI    
NTTデータ経営研究所 情報戦略コンサルティングユニット ビジネストランスフォーメーショングループ シニアコンサルタント / Senior Consultant
Digital Strategy Consulting Unit
Business Transformation Group
NTT DATA INSTITUTE OF MANAGEMENT CONSULTING, Inc.


17:00-18:00(60min) 12/20水 Dec.20 wed
トークン、ICO、仮想通貨規制のすべて
Tokens, ICO & Regulation in the Crypto Space: All you need to now
   

トークンとICOに関する簡単な説明の後、トークンの設計に対する各国の規制が持つ実務上の意味を探る。トークン化の枠組みをいくつかの実例とともに示し、実務的観点から規制上の重要な疑問とその意味を明らかにする。最後にCoinMarketRegを紹介する。主要国の規制の現状が概観できる場であり、法律専門家がつながるプラットフォームでもある。

After a brief intro into the basics of Tokens & Initial Coin Offerings (ICO’s) we will explore the pragmatic implications of regulatory requirements on Token design across various jurisdictions. We will present a tokenization framework, illustrate it with selected examples and address key regulatory questions and their implications from a pragmatic perspective. Finally we will present CoinMarketReg, the go-to-place to get an overview on the current regulatory landscape across major jurisdictions around the globe as well as the platform to connect to legal experts in these jurisdictions.    

オリバー・クラウゼ / Oliver KRAUSE    
アーサー・D・リトル ディレクター
Director, Arthur D. Little



13:00-14:00(60min)  12/20水 Dec.20 wed
日本中の入札情報を一元化する~クラウドワーカーとともに行政課題を解決する、うるるのケーススタディ


約7000の官公庁・自治体・外郭団体から集めた1000万超の入札情報。それを可能にしたのは主婦をはじめとする36万人の在宅で働くクラウドワーカーたちだった。行政手続きとクラウドワーカーをマッチング、それを入札する企業の課題解決ツールとして提供しビジネスチャンスに結びつけた、うるる。ユニークな発想の源泉は何か。優秀なワーカー網を維持する秘訣は。今後のビジネス発展の可能性は。同社社長、星知也氏と事業部長、清水氏が明らかにする。ワーカーの主婦たちも特別参加!

星 知也 / Tomoya HOSHI
うるる代表取締役社長 / CEO, ULURU


清水 希 / Nozomu SHIMIZU
うるる NJSS事業部部長 / Manager, NJSS Department, ULURU


14:20-15:20(60min) 12/20水 Dec.20 wed
契約書業務の最大効率化を目指して〜管理部門の働き方改革〜    

"大企業など、多くの管理部門から、契約書業務が煩雑で処理しきれないという「悲鳴」のような問合せを受けている同社。なぜ、クラウド契約書システム「Holmes」が大企業に至るまで多く導入されはじめたのか。
普段なかなか取り上げられない契約書業務についての他社のオペレーションを交えながら、契約書をとりまく現状と課題を社長の笹原氏が語る。"    

笹原 健太 / Kenta SASAHARA    
リグシー代表取締役CEO、弁護士 / CEO, Legsea & Lawyer


15:40-16:40(60min)
人工知能の進化で切り拓かれる、「人間と人工知能の共創世界」


企業が保有する知的財産の取り巻く状況を人工知能で高精度に分析し、知財コンサルティングを通して海外進出を支援するゴールドアイピー。
進化する人工知能の進化により、著作物や発明の創作の実現可能性が現実味を帯びるとともに、そのような世界に突入した際の法的および技術的な課題も注目を集めています。そこで、人工知能の創作における法的な観点および、技術的な進化の観点から「人間と人工知能の共創世界」と、知的財産の活用をどう変え、今後どこに向かうのか。ゴールドアイピーの白坂氏が語る。

白坂 一 / Hajime SHIRASAKA
ゴールドアイピー代表取締役社長、弁理士 / CEO, GoldIP & Patent Attorney


17:00-18:00(60min) 12/20水 Dec.20 wed
日本におけるRegTechの将来性と法的課題
―規制対応のデジタルトランスフォーメーションと不祥事件調査等への応用―

デジタル・トランスフォーメーションによる企業の競争力の強化の試みが世界的に進行している中で、各種の規制対応をAI・デジタル化することによる業務効率性の向上のイノベーションが起きている。例えば、Know Your Customer(KYC)や反マネーローンダリング(AML)といったクライアント・オンボーディングに関するテクノロジーの進化は、規制が複雑化する中で非常に大きな業務効率性をもたらすとともに、企業の競争力の源泉となる可能性を秘めている。また、不正検知や不祥事件調査のコンテクストにおいても、単なるデジタル・フォレンジックを超えた新たなイノベーションがもたらされている。
本ワークショップでは、このようなRegTechの現状と将来性についての分析を行うとともに、これにともなって生じる法的課題として、個人情報の共有に伴う問題点や犯罪収益移転防止法の論点、クラウドにおける個人情報を含むデータに対する調査手法などについて、グローバルな観点も踏まえて解説する。

梅澤 拓 / Taku UMEZAWA    
長島・大野・常松法律事務所 弁護士
Partner, Nagashima Ohno & Tsunematsu
                    
深水 大輔 / Daisuke FUKAMIZU    
長島・大野・常松法律事務所 弁護士
Nagashima Ohno & Tsunematsu



★Room4
19:45〜21 :30
ウェルカムパーティー / Welcome Party


 

<12/21木 Dec.21 thu>


10:00-11:00(60min)  12/21木 Dec.21 thu
革新的ソリューションを加速する大手金融機関 
Accelerating the Adoption of Innovative Solutions by Large Financial Institutions  
 

多くの金融機関は、規制改革のスピードと複雑化に追いつくためリスク管理とコンプライアンスを近代化する必要性は認識しながら、革新的なデジタル・ソリューションを提供するレグテック・スタートアップと正しく連携していない。このセッションでは前半でレグテック導入にありがちな障害を討議し、後半でその克服の方法に焦点を当てる。

While most institutions from the Financial Services Industry recognize the need to modernize their risk and compliance functions in order to keep pace with the increasing speed and complexity of regulatory reforms, very few are properly equipped to promptly engage with RegTech start-ups offering innovative digital solutions. Lack of technological understanding regarding modern RegTech solutions, lengthy procurement process or low risk appetite to contract with emerging solution providers are as many barriers that RegTech innovators face when approaching financial institutions to propose their services. Based on our group experience, we will first discuss the most common hurdles to the adoption of RegTech solutions and then focus on possible ways to overcome these barriers. Join our workshop and share with our group your ideas on how to support and accelerate the adoption of innovative RegTech solutions by Financial Institutions.    

ブルーノ・アブリユ / Bruno Abrioux    
エンコグナイズ CEO、
国際レグテック協会 日本支部長
CEO, Encognize G.K.;
Japan Chapter President, International RegTech Association


13:00-14:00(60min)  12/21木 Dec.21 thu
仮想通貨企業をどう規制するか
How to regulate cryptocurrency companies

新しい仮想通貨について知りたくても、政府には頼れない。背景を知り、知識を得るには個人で努力するしかない。特にICOの場合、詐欺のリスクは仮想通貨そのものの信頼を損ねかねないが、多数のプロジェクトについてKYC(顧客確認)に万全を期すのは時間がかかる。このワークショップでは仮想通貨会社の規制と評価に焦点を絞って課題を探り、ブロックチェーン市場と規制当局にとって確かな解決策を示す。

With no central authority or institution as a reference point for new crypto enthusiasts. it is up to an individual to painstakingly learn about blockchain projects, and investigate the backgrounds and qualifications. Especially in ICO schemes, the risk of scams and fake crowdsales undermine the credibility of the sector, and the process of completing KYC requirements for multiple projects is time-consuming. This workshop will focus on regulating and evaluating cryptocurrency companies across markets perceived as the hotbeds of the crypto market, identifying challenges and proposing solid solutions that empower blockchain market, as well as regulatory bodies.

アバサ・フィリップス / Abasa Phillips
ジラ CEO / CEO, ZILLA


15:00-16:00(60min)  12/21木 Dec.21 thu
システム思考でモデル化するレグテックのインパクト
Systems Thinking Approach to Model the Impact of Regulatory Technology on Business Process Transformation  
 

システム思考では、因果ループ図によって業務プロセス改革に対するレグテックの影響度をモデル化する。このワークショップはチーム演習、プレゼンテーション、デブリーフィングで構成。実践的なワークショップを通じ、モデル化ソフトの使用を学ぶ。

After introducing Systems Thinking, participants will use Causal Loop Diagrams to Model the Impact of Regulatory Technology on Business Process Transformation. This Workshop will be comprised of team exercises, presentations and debriefing. During this hands-on workshop, participants will learn to use modeling software.    

アビゲイル・ホープ・セッラーノ
Abigail Hope Serrano    
SCGリーガルカウンセル 上級マネジャー
Senior Manager, SCG Legal Counsel


17:00-18:00(60min)   12/21木 Dec.21 thu
全体論的なレグテック戦略 
Building a Holistic RegTech Strategy    

このワークショップでは、レグテックの価値最大化の方法に焦点を当てる。コストが高い部門は、テクノロジーをコンプライアンス強化に活用した場合のインパクトが大きい。レグテックで効率と有効性を高め、規制の重しを収益源に変える方策を探る。

In this workshop we look at how to maximize the value of RegTech in your organization. We examine the high cost and high impact areas where technology can be used to strengthen regulatory compliance, increase efficiency and effectiveness and ultimately to identify potential revenue streams to turn a regulatory burden into a potential profit center.    

マット・エルトン / Matt ELTON    
フィノラックス CEO / CEO, FinnoLux


15:00-16:00(60min)  12/21木 Dec.21 thu
日経テレコンによるコンプライアンスチェック Compliance Check by Nikkei Telecom    

日経テレコンによるコンプライアンスチェックを解説します。多くの企業で実施しているのが新聞記事データベースを使った過去の報道チェックです。 新聞は公知情報として真実性にも長けており、各省庁および各業種団体の協会で記事検索の活用を推奨しています。海外のデータベースによる 「KYCチェック」についても解説します。    

松吉 裕太 / Yuta Matsuyoshi
日本経済新聞社デジタル事業BtoBユニット
Digital Business BtoB Unit, NIKKEI Inc.


15:00-16:30(90min)  12/21木 Dec.21 thu
国土交通省政策
ベンチャー2030 meets ITベンチャー
「テクノロジーの選択」
~新しい技術を社会は無意識のうちに選びとっている~
Recommendation for 2030:
Young Bureaucrats Meet Startups   

国土交通省が2017年10月26日に発足させた「政策ベンチャー2030」。若手が中心となって、省が提供する政策資源をフルに生かして未来の政策提言を目指す。このチームが、レグテックスタートアップの創業者の方たちと自由闊達なディスカッションを展開。オーディエンスの意見も取り入れながら、大胆かつ柔軟なアイデア創造への一歩を踏み出す。    

三善 由幸 / Yoshiyuki MIYOSHI    国土交通省 総合政策局 参事官(社会資本整備)付企画専門官 / Senior Deputy Director/Economist (Infrastructure Policy) , Policy Bureau, Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism
                    
一言 太郎 / Taro HITOKOTO    
国土交通省 都市局 都市計画課 課長補佐
Deputy Director, City Planning Division
City Bureau, Ministry of Land, Infrastructure,Transport and Tourism"

遠藤 新 / Arata ENDO    
国土交通省 気象庁  地球環境・海洋部 地球環境業務課
Administration Division, Global Environment and Marine Department, Japan Meteorological Agency, Ministry of Land,Infrastructure, Transport and Tourism

野口 哲 / Satoshi NOGUCHI    
ロボット投信代表取締役社長
President, Robot Fund Co.

手塚 豊 / Yutaka TEZUKA    
博報堂 研究開発局グループマネージャー、主席研究員
Senior R & D Director; Executive Manager,Research & Development Division, HAKUHODO Inc.

白坂 一 / Hajime SHIRASAKA    
ゴールドアイピー代表取締役社長、弁理士
 CEO, GoldIP & Patent Attorney



★Room4
19:00~21:30 PM
AFTER PARTY