シンポジウム プログラム
SYMPOSIUM Program

2017年12月18日時点
 

12月20日水   /   Dec.20.wed  
7F 丸ビルホール / 7F Marubiru Hall

 

Door Open 8:00


【 開会式】Opening Ceremony (9:00-9:40)

◆◆オープニングスペシャルセッション◆◆◆
Opening Special session
◉9:00 - 9:15
新サービス「pring(プリン)」の紹介      
みずほフィナンシャルグループ  
Introduction of the new service, “pring”.
Mizuho Financial Group, Inc.

阿部 展久 / Nobuhisa ABE
みずほフィナンシャルグループ  
デジタルイノベーション部 部長   
General Manager Digital Innovation Division  
Mizuho Financial Group, Inc.

◉9:15 - 9:30
SMFG におけるイノベーションに向けた取り組み  
三井住友銀行  
Introducing SMFG’s innovation initiatives
Sumitomo Mitsui Banking Corporation

山﨑 英 / Suguru YAMASAKI
三井住友銀行 ITイノベーション推進部 上席部長代理  
Senior Vice President, IT Innovation Dept. 
Sumitomo Mitsui Banking Corporation
 

 ◆◆◆開会挨拶  Opening Remark◆◆◆
◉ 9:30-9:40
平田 喜裕 / Yoshihiro HIRATA
日本経済新聞社 常務取締役デジタル事業統括
Managing Director, Nikkei inc.


◉ 9:40-9:55
レグテックと日本の将来
RegTech and Future of Japan


根本 匠 / Takumi NEMOTO
衆議院議員 自由民主党金融調査会長 元復興大臣
Member of House of Representatives Chairman,
Research Commission on the Finance and Banking Systems,LDP Former Reconstruction Minister

フィンテックを成長戦略の一角に据えた自民党金融調査会長の根本衆議院議員が、フィンテックとレグテックの親和性、日本の取るべき戦略について語る。


◉ 9:55-10:25
見直される個人情報の価値
 Value of Personal Information


ラナ・フォルーハー / Rana Foroohar
フィナンシャル・タイムズ コラムニスト
Financial Times (Columnist)

新興・巨大IT企業によって個人情報が無尽蔵に集められ、自由にビジネスに使われる時代は終焉を迎えつつある。レグテック時代の個人情報は、単なる保護の対象から、新しい価値の算出を求める段階に差し掛かっている。フィナンシャル・タイムズの名物コラムニストが大胆に新時代を切る。


◉ 10:25-10:55
世界のレグテック最新動向
Global RegTech Landscape:
Investments, Markets and Adoption


リンゼイ・デービス / Lindsay DAVIS
CBインサイツ レグテックアナリスト
CB Insights (RegTech Analyst)

発表される各種レポートが、世界中のスタートアップやVC(ベンチャーキャピタル)の注目を集めるCB Insights 。そのレグテック・アナリストが、世界のレグテック市場の最新動向を語る。


◉ 10:55   11:10  ( 0:15)
金融業界におけるRegTech活用の方向性
Road of Banking Sector with RegTech


平野 信行 / Nobuyuki HIRANO
全国銀行協会会長
三菱UFJフィナンシャル・グループ代表執行役社長 
Chairman, Japanese Bankers Association;
President & Group CEO, Mitsubishi UFJ Financial Group

コンプライアンス対応の厳格化を求められている金融業界において、効率性、有効性、高度化の切り口から、AML(アンチ・マネーロンダリング)や金融市場取引、規制変更管理などにおける活用の方向性や今後の課題などについて語る。


◉ 11:10-11:55   
スタートアップから見たレグテック
Regulation & RegTech Inside and Outside of Finance:
The Startup Perspective  


レイ・ホーラン / Ray HORAN    
エモティクス CEO / Emotics (CEO)

ネイサン・ランズ / Nathan LANDS    
バインデッド CEO / Binded (CEO)

越智 一真 / Kazuma OCHI    
トランスファーワイズ・ジャパン 代表取締役
Transferwise Japan (CEO)

倉原直美 / Naomi Kurahara
インフォステラ 共同創業者・CEO
Infostellar (Cofounder & CEO)

クリス・ヒル / Chris HILL    
ウィーワーク・ジャパン CEO
WeWork Japan (CEO)

メグ・ナカムラ / Meg NAKAMURA    
シフト・ペイメンツ CEO
Shift Payments (CEO)

ブルーノ・アブリユ/ Bruno Abrioux   
エンコグナイズ 創業者
国際レグテック協会 日本支部長
Encognize G.K. (Founder)
International RegTech Association (Japan Chapter President)

レグテックは巨大金融機関と政府の道具と考えられがちだが、それは表面的な見方にすぎない。規制とテクノロジーの融合は業種を問わずイノベーションを支え、顧客、企業、経済全体に価値をもたらす。スタートアップと既存企業の多彩な顔ぶれによるパネル討論で、業種・業態を超えた規制対応に理解を深める。


◉ 12:00 ~ 15:00 @8F ROOM4
ランチ&ネットワーキング
LUNCH & NETWORKING

◉ 12:00-13:00
経営が変わる、士(サムライ)業が変わる
~レグテックの波がやってくる
Legal Framework From & For the Future
Regulatory Solutions with Technology  

 

中本 和洋 / Kazuhiro NAKAMOTO    
弁護士、日本弁護士連合会会長
 Japan Federation of Bar Associations (President)

藤田 耕司 / Koji FUJITA    
公認会計士・税理士、心理カウンセラー
Certified Public Accountant and tax accountant, Psychological Counselor

五味 和泰 / Kazuyasu GOMI    
弁理士、cotobox代表取締役
 Cotobox representative director, Patent Attorney

渋谷 高弘 / Takahiro SHIBUYA    
日本経済新聞社 編集委員
Nikkei (Senior Staff Writer)

人工知能(AI)が急速に進化した結果、弁護士や公認会計士、税理士など、これまで盤石だと思われていた「士(サムライ)業」の仕事の多くがAIによって代替されかねないとの民間予測がある。ところが日本の士業の多くはAIどころかIT(情報技術)の活用でさえ、海外に大きく後れをとっている。現状に危機感をもつ弁護士、公認会計士、弁理士の生の声を聞き、顧客である企業や個人に真の価値あるサービスを提供するためのアイデアを語ってもらう。  


◉ 13:00-13:45
量子コンピューターがレグテック革命に参戦!
Thinking Ahead: End of Silicon and Beginning of Quantum Computing


藤井啓祐 / KeisukeFUJII
京都大学大学院理学研究科 特定准教授
Graduate School of Science, Kyoto University  Associate Professor

北川 勝浩 / Masahiro KITAGAWA
大阪大学大学院基礎工学研究科教授
Department of Systems Innovation, Osaka University (Professor)

柳川 範之 / Noriyuki YANAGAWA
東京大学大学院経済学研究科教授
Professor, Faculty of Economics, University of Tokyo

あらゆる物がデジタルデータとなって解析されるようになる”レグテック革命”。猛スピードで膨張するビッグデータは、量子コンピューターの”レグテック革命”参戦を促す。その登場で世の中はどう変わるのか。量子コンピューターの第一線で活躍する研究者が自由闊達に語る。


◉13:45-14:05(休憩/コーヒーブレイク)


◉14:05-14:25
グローバル企業の規制文書管理の現状とレグテックの将来像 

宮本 拓也 / Takuya MIYAMOTO
NTTデータ 企画部事業開拓推進室 部長
NTT DATA (Business Development Promotion Office Planning Department)

膨大な契約文書など、企業が抱える「非構造化データ」の量は爆発的に増大している。これを解決するのが次世代データベース技術だ。米国におけるリーガル文書一元化などMarkLogicを活用した事例を紹介。人工知能を活用した意味解析など、開発中の話題も提供する。


◉14:25-14:45
VDRがもたらす作業効率化とこれから
〜裁判手続きから民間活用まで〜

佐々木 隆仁 / Takamasa SASAKI

AOSリーガルテック代表取締役社長
AOS Legal Technologies (President & CEO)

本年6月9日に裁判手続等のIT化推進検討が閣議決定された。警察・検察などの捜査機関、法律事務所、企業の法務部などの依頼に基づき、犯罪の捜査や情報漏えいの調査等、数多くの実績を持つAOS。社長の佐々木氏は膨大な資料を必要とする裁判手続きにはバーチャルデータルーム(VDR)が活用できるという。当シンポジウムではその他民間企業での事例も含め今後の可能性に迫る。


◉14:45-15:45
レグテックが生み出す新しい“シゴト”
Can RegTech Create Jobs?
A Global and Japanese Perspective

中原裕彦 / Hirohiko NAKAHARA

内閣官房 日本経済再生総合事務局 参事官
Counsellor, Economic Revitalization Bureau, Cabinet Secretariat
 
秋好 陽介 / Yosuke AKIYOSHI    
ランサーズ代表取締役社長 / Lancers (CEO)

星 知也 / Tomoya HOSHI    
うるる代表取締役社長 / ULURU (CEO)

林 千晶 / Chiaki HAYASHI    
ロフトワーク代表取締役
Loftwork (Co-founder and Representative Director)  

AI、ビッグデータ解析など最新のテクノロジーを活用するレグテックは、人々の仕事を奪うわけではない。ストレスの多い仕事から人々を解放し、新しい仕事を生み出す可能性を秘めている。政府やスタートアップの代表がそのイメージを奔放かつ具体的に描き出す。
 


◉ 15:45-16:30    
増大化する規制対応とテクノロジー活用の将来像
Solution to the ever increasing regulatory compliance‐Utilizing technologies and the future
  
EY Japan

亀澤 宏規 / Hironori KAMEZAWA
三菱UFJフィナンシャル・グループ執行役常務、グループCIO兼グループCDTO
Managing Executive Officer, Group CIO & Group CDTO, Mitsubishi UFJ Financial Group

松永 達也 / Tatsuya MATSUNAGA
日本IBM 常務執行役員 事業開発
バリュークリエーション担当
Vice President, Business Development & Value Creation,
IBM Japan,Ltd

乙部 辰良 / Tatsuyoshi OTOBE
SBIホールディングス取締役・執行役員常務
SBIインシュアランスグループ取締役会長
SBI Holdings, Inc. (Director & Managing Executive Officer)
SBI Insurance Group (Executive Chairman)

小川 恵子 / Keiko OGAWA
新日本有限責任監査法人
金融事業部 パートナー 公認会計士
EY Japan RegTech リーダー
Certified Public Accountant Partner
Financial Services Office Division
Ernst & Young ShinNihon LLC
EY Japan RegTech Leader

規制対応についての現状の課題と取り組みについての意見交換を通じ、今後RegTechがどのように企業の競争力を高め、その結果社会的便益の向上に貢献するか、将来への期待と、それを実現するための将来的な課題について考えます。


◉16:30-19:40    (3:00)    
ピッチラン/ Pitch Run

PART 1  16:30 - 18:00

1  Ayasdi    US
www.ayasdi.com
 
2  Yoti    UK
Yoti.com
 
3  BehavioSec    Sweden
www.behaviosec.com
 
4  DATARAMA    Singapore
datarama.com
 
5  Chynge    Singapore
www.chynge.com
 
6 FixNix   India
fixnix.co
 
7  Gaiax    Japan
trustdock.io/business
 
8  Cynopsis Solutions    Singapore
www.cynopsis-solutions.com
 
9 HEXANIKA   US
www.hexanika.com
 
10 Keychain    Japan
keychain.jp
 
11 LegSea  Japan
www.holmes-cloud.com
 
12  GoldIP   Japan
goldip.co.jp 


BREAK ( 10 min )


PART 2  18:10 - 19:40

13 EverCompliant    US
www.evercompliant.com
 
14 Digital Control Room   UK
www.digitalcontrolroom.com
 
15 Capnovum    Switzerland
www.capnovum.com
 
16 CXi Software    Australia
www.cxisoftware.com.au
 
17 CheckRecipient    UK
www.checkrecipient.com
 
18 CargoX    Slovenia
www.45HC.com
 
19 Sound-F    Japan
sound-f.jp
 
20 Japan Legal Network    Japan
legalnetwork.jp
 
21 Crowd Realty    Japan
crowd-realty.com
 
22 chaintope + A-zero    Japan
www.chaintope.com
 
23 ANNAI    Japan
annai.co.jp
 
24 LX Innovative Solutions    Philippines
lxinnovativesolutions.com 

→各社紹介ページはこちら


◉ 19:00~21:30 @8F ROOM4

ウェルカムパーティネットワーキング
Welcome Party Networking
FOOD&DRINK



 
 

12月21日木 /  Dec.21.thu
 7F丸ビルホール / 7F marubiru hall


◉ 7:30 - 9:00   >> 場所:8F ROOM4
"モーニングアイデア "
ブレックファスト&コーヒー  
BREAKFAST, COFFEE AND MORNING IDEAS
FOOD&DRINK


◉ 9:00 - 9:45    >> 7F 丸ビルホール / 7F Hall
レグテック時代のデータ活用と中央銀行の役割
Central Banks, Regulation and Regtech:
The Impact of Data and RegTech  
 

ベジュ・シャー / Beju SHAH    
イングランド銀行 データ収集・配信責任者
Bank of England (Head of Data Collection & Publication)

和田 芳明 / Yoshiaki WADA    
NTTデータ 金融事業推進部 デジタル戦略推進部 部長
Senior Manager, Digital Strategy Section, Business Strategy Department, Financial Segment, NTT DATA

ラナ・フォルーハー / Rana Foroohar    
フィナンシャル・タイムズ コラムニスト
Financial Times (Columnist)    

レグテックの成否は、情報の共有とデータフォーマットの標準化が鍵を握る。その中で、膨大な金融、通貨情報を収集、発信する中央銀行が果たす役割は何か。英中央銀行(イングランド銀行=BOE)のデータ&レグテック責任者と日銀出身のICT企業担当者が議論する。

 

9:45 - 10:30   
電子マネー、本格導入の時機到来
Digital Currency in Japan: The Timing is Right
 
     
山田 大介 / Daisuke YAMADA    
みずほフィナンシャルグループ常務執行役員
デジタルイノベーション担当役員
Mizuho Financial Group (Chief Digital Innovation Officer)

滝田 洋一 / Yoichi TAKITA    
日本経済新聞社 編集委員 / Nikkei (Senior Staff Writer)

みずほフィナンシャルグループが提唱するJ コイン構想。円にバンドルし、できるだけ幅広い金融機関の参加を呼びかけるこの電子通貨は、”現金崇拝国日本”を本当に変えることができるのか。日本経済新聞の金融担当編集委員がJコインプロジェクトリーダーに迫る。

◉10:30 - 11:30    
もっともビジネスしやすい国の行政手続き
e-Government and Business:
Hand in Hand for the 21st Century  
 

石崎 隆 / Takashi ISHIZAKI
内閣府 規制改革推進室参事官
Office for Promotion of Regulatory Reform, Cabinet Office, Government of Japan (Director)

クラウディオ・マツケリ / Claudio Mazzucchelli    
スイス大使館商務参事官
スイス・ビジネス・ハブ・ジャパン代表
Embassy of Switzerland in Japan (Counsellor of Trade and Commerce, Head of Swiss Business Hub Japan)

白坂 一 / Hajime SHIRASAKA    
ゴールドアイピー代表取締役社長、弁理士
CEO,& patent attorney GoldIP

笹原 健太 / Kenta SASAHARA    
リグシー代表取締役CEO
弁護士 Legsea (CEO) & Lawyer

野口 哲 / Satoshi NOGUCHI    
ロボット投信代表取締役社長
Robot Fund Co. (President)

柳川 範之 / Noriyuki YANAGAWA    
東京大学大学院経済学研究科教授
Faculty of Economics, University of Tokyo (Professor)    

AI、ブロックチェーンといった先端テクノロジーだけではレグテックは前に進まない。ベースにある行政手続きがレグテックの実践を促す必要があり、それを可能にした国が多くのスタートアップから「もっともビジネスしやすい国」と言われる名誉に浴する。その行政手続きとはどんなものなのか。国内外の行政当局、レグテックスタートアップの代表が白熱した議論を展開する。

◉ 11:30 - 12:00
AI こそすべて:テクノロジーと規制の間で
All You Need is AI: Between Technology and Regulation
    

クララ・デュロディー / Clara DURODIE  
コグニティブ・ファイナンス CEO
Cognitive Finance (Founder & CEO)

安田幹広  / Mikihiro YASUDA    
ハイク・ベンチャーズ (General Partner)
Hike Ventures (General Partner )


デビッド・マルキン / David MALKIN    
コージェント・ラボ / Cogent Labs (AI Architect)

ウナ・ソフティッチ / Una SOFTIC    
レグサム / REG/SUM

人工知能(AI)は安全と自動化を向上させ、各業種で作業時間を短縮し、ヒューマンエラーを減らす。このセッションでは金融サービスとその他の産業におけるAI活用と規制への応用について討議する。企業がコストを減らしパフォーマンスを高める方法を探るだけでなく、AIに対する規制という難問にも触れる。

◉12:00 - 13:00  @ 8F Room4
ランチ&ネットワーキング
LUNCH & NETWORKING
   

 

◉13:00 - 14:00    
ブロックチェーン~無限の応用領域 
Blockchain: Limitless Applications


レヌ・バティア / Renu BHATIA    
Hong Kong Blockchain Society

河合 祐子 / Yuko KAWAI    
日本銀行決済機構局審議役、FinTechセンター長 
Deputy Director-General, 
Head of FinTech Center
Payment and Settlement Systems Department
Bank of Japan

沖田 貴史 / Takashi OKITA    
SBIリップル・アジア代表取締役 
SBI Ripple Asia (CEO)

岩田 太地 / Daichi IWATA    
NEC FinTech事業開発室長 
NEC Corporation
 (Head of FinTech Business Development)

マヤ・ヴジノヴィッチ/ Maja VUJINOVIC
ブロックチェーン・仮想通貨投資家
Blockchain & Crypto Investor    

ニコラ・パベシッチ / Nikola Pavesic    
レグサム / REG/SUM

ブロックチェーンほど本質的に刺激にあふれ、画期的で革命的な技術はない。電子通貨による利用の陰に隠れがちだが、ブロックチェーンの時代は始まったばかりだ。ブロックチェーンのどこがすごくて、社会を根底から変えるのか。どんなときに最も効果を発揮し、どんなときに使うべきでないのか。スタートアップ、既存企業、政府がブロックチェーンを利用する一方で、ブロックチェーンを理解していない人々が置き去りにされれば、大きな危険に直面しかねない。このセッションではこれらの問題を討議する。

 

◉14:00- 15:00    
金融規制の方向性とグローバル対応 
Financial Regulation Across the Board: 
Globalization and its Challenges  
 

佐々木 清隆 / Kiyotaka SASAKI    
金融庁 総括審議官 
Financial Services Agency
(Vice Commissioner for Policy Coordination)

谷崎 勝教 / Katsunori TANIZAKI    
三井住友銀行 取締役兼専務執行役員、三井住友フィナンシャルグループ 取締役執行役専務 グループCIO
Director and Senior Managing Executive OfficerSMBC
Director Senior Managing Executive Officer, SMFG

藤井 卓也 / Takuya FUJII    
プロモントリー・フィナンシャル・ジャパン会長 
Promontory Financial Group Global Services Japan (Chairman)

加納 裕三 / Yuzo KANO    
ビットフライヤー代表取締役
BitFlyer (Co-Founder & CEO)

小栗 太 / Futoshi OGURI    
日経ヴェリタス編集長
Nikkei (Editor-in-Chief, Nikkei Veritas)

AML(アンチ・マネーロンダリング)、仮想通貨取引、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)など、新たに対応が迫られるケースが頻発する金融規制は、今後どこに向かうのか。そのグローバル対応のあり方を、規制当局、レグテック企業の専門家が徹底的に議論する。


◉15:00 - 15:30   
レグテックの革命と進化 トレンド、チャンス、未来
 RegTech (R)evolution: Trends, Opportunities and Future
    
ベジュ・シャー / Beju SHAH    
イングランド銀行 データ収集・配信責任者
Bank of England (Head of Data Collection & Publication)

リンゼイ・デービス / Lindsay DAVIS    
CBインサイツ、レグテックアナリスト
CB Insights (RegTech Analyst)

マット・エルトン / Matt ELTON      
フィノラックス / FinnoLux(CEO)

平塚マルセロ / Marcelo HIRATSUKA
トムソン・ロイター・ジャパン 市場開発部 リスク担当部長 Thomson Reuters (Head of Market Development Risk, Japan)

レグテックはフィンテックと関係が深く、一貫性がなく非効率な規制を背景に企業のニーズが高まっている。このセッションでは公的セクター、民間セクターの双方から登壇者を招き、レグテック革命の行方について議論する。


◉15:30 - 16:15    
Tech x Law firm が示すレグテック成功3カ条
Tech x Law firm: Collaboration for the Future    
    

北島 隆次 / Takatsugu KITAJIMA
TMI総合法律事務所 FinTechデスク 弁護士
TMI Associates FinTech desk

鈴木 由里 / Yuri SUZUKI    
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 パートナー弁護士
Atsumi & Sakai (Partner)

佐々木 隆仁 / Takamasa SASAKI    
AOSリーガルテック代表取締役社長
AOS Legal Technologies (President & CEO)

アレックス・バージアン / Alex Baghdjian
アヤスディ 金融サービス戦略責任者
Ayasdi (Financial Services Strategy Lead)

櫛田 健児 / Kenji KUSHIDA    
スタンフォード大学アジア太平洋研究所
日本研究プログラム リサーチスカラー
Shorenstein APARC, Stanford University (Research Scholar)

レグテック成功の鍵を握る法律事務所。成功のためにはAI、ビッグデータ解析などテクノロジーとの緊密な連携が欠かせない。従来異質と思われていた両者が反応し、イノベーションを起こす。Tech x Law Firm の対話が示すレグテック成功の3カ条を議論、日本から発信する。


◉16:15 -  16:30    
コーヒー&ネットワーキング
COFFEE, COOKIES & NETWORKING  
 


◉16:30 - 17:00     
ピッチラン結果発表 
Pitch Run Ceremony


◉17:00- 17:45
KYC、AML、データプライバシーの一体理解
~ セキュリティーの観点から
Security Perspectives: KYC, AML & Data Privacy as Part of the Same Deal

 

エリン・スコーニック / Eryn SHORNICK
グローバル・ウィットネス 上級政策顧問
Global Witness (Senior Policy Advisor, Anti-Money Laundering Team)

ジョナサン・シーガル / Jonathan SIEGEL
ゼノン・ベンチャーズ 会長 / Xenon Ventures (Chairman) 

グラント・ブレイズデル / Grant BLAISDELL    
コインファーム 共同創業者・最高マーケティング責任者
Coinfirm (Cofounder & CMO)

アバサ・フィリップス / Abasa PHILLIPS    
ジラ CEO / ZILLA (CEO)

デジタル時代において、安全性の確保は以前に比べ目に見えにくい。しかし個人や企業、公的機関が直面する危険とリスクは現実味を増し、差し迫ったものとなっている。システム障害は経済の崩壊や政府の機能マヒ、犯罪の横行につながりかねない。実例を検証しつつ、政策とテクノロジーによる対策を探る。


◉17:45  - 18:15    
仮想通貨のグローバル潮流
~ 規制アプローチとソリューションの考察 

Global Cryptocurrency Tides:
a Comparative Insight into Regulatory Approaches and Solutions


メグ・ナカムラ / Meg NAKAMURA    
シフト・ペイメンツ CEO / Shift Payments (CEO)

クロード・エギエンタ / Claude EGUIENTA
テルコイン 共同創業者・社長 / Telcoin (Cofounder & CEO)

ジョン・バン/ Joon BHANG
Executive Vice-president ,Korbit

オリバー・クラウゼ / Oliver KRAUSE
アーサー・D・リトル(ディレクター)
Arthur D. Little (Director)

いま盛り上がっているテクノロジーといえば、間違いなく仮想通貨だ。ビットコイン、イーサリアムやその他の仮想通貨が急成長し、経済・金融システム全体にとって脅威と感じる人もいる。仮想通貨やICOをどう規制すべきか。法定通貨や銀行は10年後も存在するのか。仮想通貨の価格が急騰するなか、議論すべき問題は数多い。


◉18:15 -18:45  
レグテック・エコシステムが実現するイノベーション
~新しい価値を創造する未来のテクノロジー
Innovation by RegTech ecosystem
- future technology to create new value

EY Japan

小川 恵子 / Keiko OGAWA
新日本有限責任監査法人 金融事業部
パートナー 公認会計士
EY Japan RegTech リーダー
Certified Public Accountant Partner, Financial Services Office Division, Ernst & Young ShinNihon LLC;
EY Japan Regtech Leader

宮地 秀敏 / Hidetoshi MIYAJI
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング パートナー Technologyプラクティス リーダー
EY Japan RegTech テクノロジーリーダー
Ernst & Young Advisory and Consulting Partner

<ゲストスピーカー>
鶴田 規久 / Norihisa TSURUTA
日本IBM 執行役員 インダストリー・ソリューション事業開発担当
Vice President, Industry Solutions & Business Development, IBM Japan, Ltd.

 レグテック・エコシステムが未来にもたらすテクノロジー活用の可能性について解説します。
 単なる規制対応コストの削減だけではなく、将来に向けて企業の生産性、経済効率性の向上、ひいては新たな価値を創出し、経済全体の成長に大きく寄与するRegTechへの期待。それは具体的にどういったものなのか。それを支える技術として、最新のwavespaceの紹介に始まり、不正会計予測モデルからドローンの活用といった最新の監査技法、さらに企業側のコンプライアンス対応、リスク管理で期待されるAI、ゴグニティブ技術ワトソン。将来の期待として量子コンピュータまで、進化し続けるテクノロジーの未来像を紹介します。


◉19:00-21:30 @ 8F Room4
アフターパーティネットワーキング
After party Net Working

FOOD& DRINK